「 20万人程度 」一覧

【まちのすがた】鉄道建設と団地の多様化―大規模住宅開発都市・八千代市の姿:その3

【まちのすがた】鉄道建設と団地の多様化―大規模住宅開発都市・八千代市の姿:その3

団地を中心に成長してきたまちは「画一化」が進むまちととらえられがちです。しかし、千葉県八千代市はそうした見方と違った多面性を見せてくれています。今回はその多面性を生み出すきっかけとなった大規模住宅開発と鉄道建設を追い、八千代市のこれからを考えます。

【まちのすがた】ケヤキ並木と府中のむかし話―大國魂神社・ケヤキ並木と府中宿をめぐる

【まちのすがた】ケヤキ並木と府中のむかし話―大國魂神社・ケヤキ並木と府中宿をめぐる

東京の郊外都市として知られる東京都府中市。その歴史をひもといてみると、武蔵国の国府が置かれていたり、武蔵国総社と位置付けられる大國魂神社が立地していたりと、非常に深く、重要な位置づけにあるまちであることがわかります。今回はその中でも、大國魂神社の参道として機能し、府中を代表する景観の一つである「馬場大門のケヤキ並木」について取り上げます。

【まちづくり/商業】市街地再開発の見本市!?府中駅南口再開発事業地区をめぐる―東京都府中市

【まちづくり/商業】市街地再開発の見本市!?府中駅南口再開発事業地区をめぐる―東京都府中市

東京郊外の府中市。府中駅の南口にはこの20年で大規模な再開発ビルが3棟相次いで建てられ、それぞれの完成時期の違いもあって、さながら「再開発ビルの見本市」といった様相を呈しています。今回はそんな現在の府中駅南口がどのようにして形作られたのか、その歴史と経緯を追いかけます。

【商業/まちのすがた】「サザン」じゃない茅ヶ崎を見に行く-茅ヶ崎駅北口の多様な商業模様

【商業/まちのすがた】「サザン」じゃない茅ヶ崎を見に行く-茅ヶ崎駅北口の多様な商業模様

「サザン」「湘南」「海岸線」のイメージが強い神奈川県茅ヶ崎市。しかし茅ヶ崎はそれだけではありません。神奈川の一都市として、様々な市民の暮らしがあり、その表情があります。今回はその中でも、市の玄関口である「茅ヶ崎駅」北口の商業の様子を紹介して、茅ヶ崎のもう一つの「メイン」たるその表情を取り上げます。

【商業】2大総合スーパー直接対決!?競争の最前線をめぐる-神奈川県相模原市古淵・大和市鶴間

【商業】2大総合スーパー直接対決!?競争の最前線をめぐる-神奈川県相模原市古淵・大和市鶴間

2大流通グループ、イオンとセブン&アイ。その中核ともいえる総合スーパー「イオン」と「イトーヨーカドー」が道路1本、連絡橋を介して連結する「直接対決」となっている地域が2か所あります。その舞台である神奈川県相模原市古淵地区と、神奈川県大和市鶴間地区を取り上げ、時代による双方の考え方の変化やその経緯を追います。

【まちづくり】上尾の玄関口づくりとジャスコが作った「百貨店」-上尾駅東口再開発

【まちづくり】上尾の玄関口づくりとジャスコが作った「百貨店」-上尾駅東口再開発

高崎線でも主要駅である上尾駅。上尾市の玄関口として機能する上尾駅前では、高度経済成長期に駅の東西で相次いで再開発事業が実施されました。とくに東口は、上尾市初の百貨店を誘致しようという目標のもと、計画が進められます。そこで出店してきたのはジャスコ、百貨店事業は行っていなかったジャスコが上尾市のために作ったのは、「ジュニアデパート」でした。今回は上尾駅東口の再開発事業と、そこで核テナントの変遷と現在について取り上げます、

【まちづくり】難題続きの駅建設とその街のいま-「北上尾」をめぐる謎:第2回

【まちづくり】難題続きの駅建設とその街のいま-「北上尾」をめぐる謎:第2回

財政上の課題や政治上の懸念を多く抱えつつ、ようやく開業にこぎつけた北上尾駅。そのあとも様々な課題が噴出する一方でしたが、駅のできた地域はその後少しずつ変化を遂げていくこととなります。北上尾駅の着工から開業までを取り上げ、駅開業後、地元の力で東口に建設されたショッピングモールについても最後に取り上げます。