MENU

「 」一覧

【まちのすがた/観光】地域の中心商店街「国際通り」から観光地「国際通り」への変容―国際通りから見える”那覇”:第3回

【まちのすがた/観光】地域の中心商店街「国際通り」から観光地「国際通り」への変容―国際通りから見える”那覇”:第3回

今日の那覇・国際通りの商店は土産物店がほとんどを占めています。元々は百貨店や市場がある「地域の買い物の場」がどのようにして「観光地」へと変容していったのでしょうか。今回は2つのキーワードから考えていきます。

【まちのすがた】「新県道」から「国際通り」へ。国際通り誕生の裏側を見る―国際通りから見える”那覇”:第2回

【まちのすがた】「新県道」から「国際通り」へ。国際通り誕生の裏側を見る―国際通りから見える”那覇”:第2回

那覇市街の目抜き通り「国際通り」は元々「新県道」と呼ばれていました。では、いつから「国際通り」と呼ばれるようになったのでしょうか。そして、名前の由来は何でしょうか。国際通りが成立する本土復帰前の那覇市の姿を見ていきます。

【まちのすがた】国際通りは那覇ではなかった!?近代の那覇市街成立から崩壊を追う―国際通りから見える”那覇”:第1回

【まちのすがた】国際通りは那覇ではなかった!?近代の那覇市街成立から崩壊を追う―国際通りから見える”那覇”:第1回

沖縄県那覇市の目抜き通り「国際通り」。この通りに関わる様々な事柄からは那覇のまちが持つ様々な特徴が見えてきます。今回は「国際通り」前史として前身の「新県道」開通と周辺のまちの歴史を追います。

【まちづくり】巨大ペデストリアンデッキとスーパーマーケット「忠実屋」出店計画を生み出した再開発―埼玉県入間市・豊岡地区

【まちづくり】巨大ペデストリアンデッキとスーパーマーケット「忠実屋」出店計画を生み出した再開発―埼玉県入間市・豊岡地区

交通網の変化や昭和の大合併で中心市街地不在となった埼玉県入間市。1990年代に中心市街地創出と福祉を志向した再開発を行います。しかし、理想と現実には大きなギャップがありました。今回は現在の姿を起点にそれまでの再開発の経緯を追います。

【ツール/インタビュー】「マストドンはオープンソースで拡張性がある」! 新興SNSマストドン利用者対談

【ツール/インタビュー】「マストドンはオープンソースで拡張性がある」! 新興SNSマストドン利用者対談

今年の4月に話題となった新しいSNS、「マストドン」。ユーザーはどんな想いで利用しているのでしょうか。そして、まちのコミュニティやまちに関するwebサービスとしてどのような可能性をもっているのでしょうか。マストドンのインスタンスの管理人と対談を行い、探りました。

【ツール】まちの情報交換にピッタリのSNSが現れた!?新興SNSマストドンを知ろう

【ツール】まちの情報交換にピッタリのSNSが現れた!?新興SNSマストドンを知ろう

今年の4月に話題となった新しいSNS、「マストドン」。現在も日本人ユーザーが増え、地域毎のコミュニティができています。まちと地域の話に相性がいいSNSですが、特徴をつかみづらいのが難点です。そこで「マストドン」デビューを応援すべく、特徴とコミュニティの現状を解説します。