MENU

「 郊外 」一覧

仙台郊外「泉区」は独立都市を目指していた?-仙台北部拠点「泉中央」と市町村合併

仙台郊外「泉区」は独立都市を目指していた?-仙台北部拠点「泉中央」と市町村合併

仙台市の市街地から北へ5km強のところにある仙台市泉区。ここは高度経済成長期以降、丘陵地を切り開く大規模開発が行われ、人口が急増した仙台のベッドタウンです。このエリアでは多くの大手デベロッパーが開発に参画し、特に三菱地所が造成、開発した「泉パークタウン」は広く知られています。  実は、かつて泉区は仙台市とは独立した「泉市」という自治体でした。そんな「泉市」がどのようにして仙台市へ編入合併し、まちの様子をどのように変えていったのかを追いかけていきたいと思います。

仙台でのれんを守りつづける地場百貨店「藤崎」、その愛される理由は

仙台でのれんを守りつづける地場百貨店「藤崎」、その愛される理由は

仙台といえば長い商店街、一番町や中央通りです。前回はその深い歴史に触れましたが、面白いのは商店街だけではありません。一番町地区の北端、南端にはそれぞれ、仙台三越、藤崎の2大デパートが店舗を構え、仙台を代表する百貨店としてしのぎを削っています。特に藤崎は、仙台発祥の百貨店として市民の支持を得ており、いまや東北一円にその名が知られる百貨店となりました。その支持を得る力の源は何でしょうか。藤崎創業から現在までの流れを追い、探ります。

住宅の乱開発に翻弄された、課題先進都市・八街のすがた

住宅の乱開発に翻弄された、課題先進都市・八街のすがた

千葉県北部の八街(やちまた)市。ここは東京から東に60kmのところにあり、東京都心に通勤可能な場所に位置します。その場所と交通事情からバブル期には住宅開発が盛んに行われました。しかし、その開発は「乱開発」と言われるもので、インフラすら整備がおぼつかないものでした。このような開発はなぜ行われ、そしていま、まちはどんな課題を抱えているのか。写真たっぷりにご紹介します。