MENU

「 まちのすがた 」一覧

【まちづくり】巨大ペデストリアンデッキとスーパーマーケット「忠実屋」出店計画を生み出した再開発―埼玉県入間市・豊岡地区

【まちづくり】巨大ペデストリアンデッキとスーパーマーケット「忠実屋」出店計画を生み出した再開発―埼玉県入間市・豊岡地区

交通網の変化や昭和の大合併で中心市街地不在となった埼玉県入間市。1990年代に中心市街地創出と福祉を志向した再開発を行います。しかし、理想と現実には大きなギャップがありました。今回は現在の姿を起点にそれまでの再開発の経緯を追います。

【観光/商業】中部国際空港とりんくう開発―様々な顔を持つまち・常滑

【観光/商業】中部国際空港とりんくう開発―様々な顔を持つまち・常滑

愛知県常滑市には、やきもの産業の街としての顔のほかに、「中部国際空港の玄関口」としての性格も持ち合わせています。今回は常滑市に中部国際空港が開港した経緯と、それに関連して常滑市の前島地区を舞台に繰り広げられた様々な開発計画とその現在について取り上げます。

【まちのすがた】「サザン」じゃない茅ヶ崎を見に行く-神社だけじゃない?寒川町

【まちのすがた】「サザン」じゃない茅ヶ崎を見に行く-神社だけじゃない?寒川町

サザンじゃない茅ヶ崎を見に行く第二弾。今回は茅ヶ崎から離れ、北側の寒川町をめぐります。寒川町といえば寒川神社というイメージがありますが、やはり前回同様、寒川町にもそれだけではない顔がいくつもあります。そんな寒川の知られざる顔を、レポート景色で紹介します。

【商業/まちのすがた】「サザン」じゃない茅ヶ崎を見に行く-茅ヶ崎駅北口の多様な商業模様

【商業/まちのすがた】「サザン」じゃない茅ヶ崎を見に行く-茅ヶ崎駅北口の多様な商業模様

「サザン」「湘南」「海岸線」のイメージが強い神奈川県茅ヶ崎市。しかし茅ヶ崎はそれだけではありません。神奈川の一都市として、様々な市民の暮らしがあり、その表情があります。今回はその中でも、市の玄関口である「茅ヶ崎駅」北口の商業の様子を紹介して、茅ヶ崎のもう一つの「メイン」たるその表情を取り上げます。

【まちのすがた】matinote編集部が行く!(2)初詣と東総の住宅地めぐり

【まちのすがた】matinote編集部が行く!(2)初詣と東総の住宅地めぐり

今年の1月にmatinote編集部で行った千葉県成田市を中心とした初詣と現地調査。寺社参詣とまちめぐりのマリアージュをお届けします。特に成田・富里は面白いスポットの宝庫です。門前町、B級スポット、まちづくりとmatinoteらしい「まちめぐり」をお楽しみください。