MENU

「 泉区 」一覧

仙台郊外「泉区」は独立都市を目指していた?-仙台北部拠点「泉中央」と市町村合併

仙台郊外「泉区」は独立都市を目指していた?-仙台北部拠点「泉中央」と市町村合併

仙台市の市街地から北へ5km強のところにある仙台市泉区。ここは高度経済成長期以降、丘陵地を切り開く大規模開発が行われ、人口が急増した仙台のベッドタウンです。このエリアでは多くの大手デベロッパーが開発に参画し、特に三菱地所が造成、開発した「泉パークタウン」は広く知られています。  実は、かつて泉区は仙台市とは独立した「泉市」という自治体でした。そんな「泉市」がどのようにして仙台市へ編入合併し、まちの様子をどのように変えていったのかを追いかけていきたいと思います。