【商業】宮崎資本の百貨店、ジャスコの軍門に下る。「ボンベルタ」:第3回-ボンベルタ橘

【商業】宮崎資本の百貨店、ジャスコの軍門に下る。「ボンベルタ」:第3回-ボンベルタ橘

宮崎の地場百貨店だった「橘百貨店」。攻めの経営のあまりに資金繰りが悪くなり、倒産してしまいます。そこに救いの手を差し伸べたのはジャスコでした。百貨店が倒産し、量販店を経て、再び百貨店へ。ボンベルタ橘がたどった波乱万丈な歴史を追います。

【商業】百貨店やめます!?地場有力百貨店を引き継いだ「ボンベルタ」:第2回-ボンベルタ伊勢甚

【商業】百貨店やめます!?地場有力百貨店を引き継いだ「ボンベルタ」:第2回-ボンベルタ伊勢甚

イオングループが展開していた百貨店「ボンベルタ」。その中には1970年代後半にジャスコの傘下に入った地域の地場百貨店がありました。景気の動向からいえば明らかに早かった総合スーパーへの傘下入り。その裏側には同族経営の小売グループ社長の「先見の明」がありました。

【まちのすがた】鉄道建設と団地の多様化―大規模住宅開発都市・八千代市の姿:その3

【まちのすがた】鉄道建設と団地の多様化―大規模住宅開発都市・八千代市の姿:その3

団地を中心に成長してきたまちは「画一化」が進むまちととらえられがちです。しかし、千葉県八千代市はそうした見方と違った多面性を見せてくれています。今回はその多面性を生み出すきっかけとなった大規模住宅開発と鉄道建設を追い、八千代市のこれからを考えます。

【インタビュー】「どんなまちをみても「こんな町の形もあるのだなぁ」と評価するようになりました」まちづくりゲームをして見える現実のまちのこと―まちづくりゲーム対談(後編)

【インタビュー】「どんなまちをみても「こんな町の形もあるのだなぁ」と評価するようになりました」まちづくりゲームをして見える現実のまちのこと―まちづくりゲーム対談(後編)

まちづくりゲームをする人は現実のまちをどう見るのか?「まちづくりゲーム」の愛好家から語られたのは「現実のまちをみること」の面白さとゲームへの還元性でした。

【まちのすがた】ケヤキ並木と府中のむかし話―大國魂神社・ケヤキ並木と府中宿をめぐる

【まちのすがた】ケヤキ並木と府中のむかし話―大國魂神社・ケヤキ並木と府中宿をめぐる

東京の郊外都市として知られる東京都府中市。その歴史をひもといてみると、武蔵国の国府が置かれていたり、武蔵国総社と位置付けられる大國魂神社が立地していたりと、非常に深く、重要な位置づけにあるまちであることがわかります。今回はその中でも、大國魂神社の参道として機能し、府中を代表する景観の一つである「馬場大門のケヤキ並木」について取り上げます。