【まちのすがた/観光】「あかがねのあと」を考える―新居浜の発展と構造転換を考える:第2回

【まちのすがた/観光】「あかがねのあと」を考える―新居浜の発展と構造転換を考える:第2回

別子銅山の廃坑により構造転換を迫られている新居浜市。しかし現実は住友があってこその都市であるがゆえに、新たなビジョンが見えないでいます。生活にある住友の影と新たな柱「産業遺産」を見ながら、これからの新居浜市の姿を考えていきます。

【交通】淡路島へ向かう航路を追え―第2回:「淡路関空ライン」の未来はどちらだ

【交通】淡路島へ向かう航路を追え―第2回:「淡路関空ライン」の未来はどちらだ

 前回取り上げた深日港~洲本港航路の社会実験運航。実はこの航路復活とほぼ同時期、同じく洲本港に発着する航路がもうひとつ復活しました。それが淡路島(洲本)~関西国際空港を結ぶ「淡路関空ライン」です。今回は、この「淡路関空ライン」に実際に乗船しながら、その歴史や経緯を振り返っていきたいと思います。

【交通】淡路島へ向かう航路を追え―第1回:実験航路「深日洲本ライナー」が大盛況だったワケ

【交通】淡路島へ向かう航路を追え―第1回:実験航路「深日洲本ライナー」が大盛況だったワケ

大阪府の南部にある岬町。人口1万6千人の、のんびりとした雰囲気の港町です。この夏、この町と淡路島を結ぶ航路が試験的に開設され、期間中は大いに賑わいました。たった3か月の社会実験で生まれた航路、「深日洲本ライナー」が大にぎわいした裏には知られざる経緯がありました。

【商業】宮崎資本の百貨店、ジャスコの軍門に下る。「ボンベルタ」:第3回-ボンベルタ橘

【商業】宮崎資本の百貨店、ジャスコの軍門に下る。「ボンベルタ」:第3回-ボンベルタ橘

宮崎の地場百貨店だった「橘百貨店」。攻めの経営のあまりに資金繰りが悪くなり、倒産してしまいます。そこに救いの手を差し伸べたのはジャスコでした。百貨店が倒産し、量販店を経て、再び百貨店へ。ボンベルタ橘がたどった波乱万丈な歴史を追います。

【商業】百貨店やめます!?地場有力百貨店を引き継いだ「ボンベルタ」:第2回-ボンベルタ伊勢甚

【商業】百貨店やめます!?地場有力百貨店を引き継いだ「ボンベルタ」:第2回-ボンベルタ伊勢甚

イオングループが展開していた百貨店「ボンベルタ」。その中には1970年代後半にジャスコの傘下に入った地域の地場百貨店がありました。景気の動向からいえば明らかに早かった総合スーパーへの傘下入り。その裏側には同族経営の小売グループ社長の「先見の明」がありました。